お花見気分でアットホームに!少人数の桜ウエディングで幸せに

春爛漫の桜パーティを開こう

花が咲く季節を先取りすることで、ゲストにとってビッグサプライズを演出することも可能で、それが桜の花ならば誰もがワクワクとうれしい気分になれますよ。春の喜びの花である桜の花形や、やさしいピンクで会場を温めあげましょう。少人数の結婚式であれば、満開の桜の木の下で楽しむお花見パーティをテーマに会場を作るといいですよ。色味をピンクに限定して色の濃さなどを変えながら、やさしいイメージにすれば、幸せな一体感が生まれる空間を生み出せるでしょう。

満開の桜の木をゲスト全員で

結婚式の招待状は、桜のカードにして当日のテーマをさりげなく告知しましょう。封筒を開けると桜の紙吹雪がはらりと舞う演出をします。招待状にもワンポイントで花びらの形のくりぬきをしましょう。同封するのは、ぱっと咲いた桜のメッセージカードですよ。5枚の花弁がぱっちり開くおなじみの桜の形のペーパーアイテムは会場でも活躍してくれますよ。招待状に同封した花形のカードにメッセージを書いて持参してもらい、ウェルカムコーナーの桜の木に飾り付けてみんなで満開にするといいでしょう。

桜パーティのはじまり

桜は日本の春の象徴ですよね。ウェルカムボードは桜柄の縮緬の布と組みひもで和のテイストを盛り込んでみましょう。添える桜はあえて少量にしておいて、会場に入った時に満開の桜景色で驚くようにします。布は目に留まりやすい濃いピンクがいいですよ。また、ウェルカムコーナーにはメッセージツリーとともに、桜形のグラスマーカーをつけたピンクのシャンパンをおき、お花見パーティのはじまりを演出しましょう。まわりには桜のはなびらやラナンキュラスなどを散りばめるといいですよ。

少人数の結婚式なら神戸で評判の良い式場を選ぶことで、スタッフの対応や演出内容など、あらゆる面に対して高い満足感が得られます。