理想の花嫁のキーポイントはベーシックな知識をしることから!!

シルエット・素材・上半身のデザインでチェック

結婚が決まったら気になるのは、当日の花嫁スタイルのことですよね。ウエディングドレスは、初めて着るものなのでわからないことが多いのも当然です。デザインや式場の雰囲気は千差万別なので、基本を押さえて自分に合ったドレス選びをしましょう。ドレスを構成する要素はシルエットと素材、デザインですから、どんなものが似合うのかをよく学んでいきましょう。たとえば、マーメイドラインでミカドシルク、トップのデザインがベアトップの場合、ミカドシルクは厚みとハリのある素材でマーメイドラインは女性らしいイメージですから、ハリのある素材とスリムなシルエットで大人の花嫁を演出できるでしょう。また、同じマーメイドでも、レース素材にハイネックデザインとなると、ハイネックとレースや長袖といったディテールにより正統的でクラシカルな印象を生みますよ。

黄金ラインも素材とデザインで個性的に

マーメイドラインのほかにも誰にでも似合うAラインなら、サテン素材でストラップという組み合わせにすれば、ツヤのあるサテンが照明に映えて上品にみせ、華奢なストラップはエレガントさを際立たせるので、花嫁を美しく華やかに見せてくれますよ。素材がレース、トップがVネックということになると、レースを重ねたスカートのフェミニンさと、襟ぐりが大きく開くVネックの大人っぽさが、いいバランスとなるでしょう。

デザインや種類はとにかく豊富

王道人気のAライン以外にも、例えば、ソフトスレンダーにレース、半袖の組み合わせは、シャビーシックなドレスに多いパターンで、控えめな広がりのソフトスレンダーは、おしゃれ感もあり人気ですよ。また、ミニ丈はラメチュールとベアトップの組み合わせがよく、ラメチュールが華やかさをアップしてくれますよ。

福岡の結婚式場では、貸切利用が可能なゲストハウスも多数存在し、より自由度の高い演出が可能な点で人気です。